屋根裏談話室

#44 愛しのカノン!(1)

昨今の少子高齢化の波は、ストリップ劇場をも直撃している。
会社員として長年に渡り、勤勉に会社に勤め上げたA氏(65歳)は、定年後になって、ふと気が付いた。

まぁ、しかしなんだなぁ。こうしてやる事も無く、毎日家でゴロゴロしていても退屈だ。今頃は会社でもオレが退職してしまったから、その大きな穴を埋めようとして、かつてのオレの部下達も、あたふた忙しく働いている事だろうな。まぁ、オレの代わりを出来る交代要員なんざ、そう簡単に見つかるわけもない。できる事なら戻って来て欲しいとか、みんな思ってるんだろうな。

かと言って、オレだってもう若くは無い。定年したんだから、今さら会社に戻って来てくれと言われても、残念ながら「はいそうですか」とはならないんだよ。人生は働くため、仕事のため、だけにあるわけじゃない。オレだって少しくらい「人生」ってやつを楽しまなけりゃさ、生きてる甲斐も無いわな。

しっかし・・・ ヒマだなぁ・・・
何か趣味でもやればいいんだよな。と言うか、趣味ってなんだ? オレの趣味、道楽って・・・

そっかぁ、オレはこれまで会社のため、家族のためと言いながら、毎日、何年も、何十年も、入社してから定年を迎えるまで、仕事一筋に働いて来たんだ。思えば趣味とか、道楽とか、これと言った遊びをした記憶が無い。定年後はカミサンと夫婦そろって、のんびりと時間にしばられず、旅行にでも出かけようかなって、漠然と考えてはいたんだが・・・ 気が付きゃカミサンは2年前にガンで他界した。そんなささやかな夢でさえ、もう叶える事も出来ないんだなぁ。

何か楽しい事って無いもんかねぇ。う~ん・・・
あ、待てよ? 昔、会社の慰安旅行で一度だけ「ストリップ小屋」に入った事がある。あれは面白かったな。会社の仲間でおそろいの旅館の浴衣を着て、ストリップ小屋の入口で呼び込みの兄ィちゃん相手に入場料を値切って、一人頭、二千円にしてくれたら入場してやってもいいぞ? とか言ってさぁ。あの時の呼び込みの兄ィちゃんったら、冷や汗かきながら言ったよな。

「二千円はいくらなんでも無理っしょ! 団体割引で一人頭、二千五百円でなんとかたのんます!」って、泣きそうだった。あれは面白かった。

そうそう、無理難題ふっかけてストリップ小屋に入っては見たものの、若くてかわいいネェチャンが出て来て、ストリップしてくれるのかと思ったらさ、さっきテキツでモギリしてたオバさんが、舞台へ出て来て脱ぎ始めたもんな。あれは我が社の社史に残る、伝説的詐欺事案だった。職場のみんなで語り草になったよな。

しかし、ストリップ小屋って言うのは、今でもあるのだろうか?
いまだにモギリのバァさんが、舞台の上で脱いでいるのだろうか?

あれから三十年・・・
もう一度「ストリップ小屋」ってところに行ってみたいなぁ。

A氏は会社で使い方を覚えたパソコンで、インターネットを駆使して検索サイトの検索窓に「ストリップ、かわいくて若い踊り子」と入力し、検索をして見た。すると、いくつものサイトが検索結果にヒットした。

へぇ~、今でも「ストリップ小屋」ってずいぶん営業してるんだなぁ。でも、遠い所まで行く気力も体力も無いし、どこかウチの近くに若くてかわいい踊り子が踊ってくれる「ストリップ小屋」は無いものか。するとA氏は自宅の最寄り駅から、2駅ほど先に手頃な「ストリップ小屋」がある事を知った。

なんだ、意外に近所にあるんじゃないか、知らなかったな。しかし何と言うか、いわゆるそう言った所に自分一人で行くと言うのは、気恥ずかしい様な気もする。だからと言って誰かを誘って行くと言うのも、さらに恥ずかしい。それより何より、誘うような友達さえオレにはいないしな。どうしたものか。いやぁ、若くてかわいい踊り子の裸が生で見られる訳だから、恥ずかしいなんて言ってられないか。

考えてみれば、若くてかわいい女の子の生の裸なんて見たのは、死んだ女房と結婚した新婚初夜の頃の話だ。それまで本物の女の裸なんて見た事なかったからな。新婚初夜の床入り。女房は「恥ずかしい、恥ずかしいよぉ。」と言うから「大丈夫、大丈夫だよ。」って言って、なだめながら、オレは女房の上にまたがって、浴衣のヒモをゆっくりとほどき、その浴衣の合わせをペロン!って左右に開いた。そうしたら、プリンみたいにユサユサと揺れた白い乳。これが女の乳なのか!って、死にそうなくらい興奮したよな。あの時の興奮を、もう一度味わってみたいものだ。

結局、A氏はある日の朝、意を決して自宅からさほど遠くない手頃な、とある「ストリップ小屋」へと、わくわくドキドキしながら出かけていた。

(2021.02.10)

#44 愛しのカノン!(1)←今ココ
#45 愛しのカノン!(2)
#46 愛しのカノン!(3)
#47 愛しのカノン!(4)
#48 愛しのカノン!(5)
#49 愛しのカノン!(6)
#50 愛しのカノン!(7)
#51 愛しのカノン!(8)
#52 愛しのカノン!(9)
#53 愛しのカノン!(10)
#54 愛しのカノン!(11)
#55 愛しのカノン!(12)
#56 愛しのカノン!(13)